IR情報

財務ハイライト

FINANCIAL HIGHLIGHTS

決算ハイライト
売上高、営業利益、経常利益、親会社株主に帰属する当期純利益

 当連結会計年度における我が国経済は、新型コロナウイルス感染症拡大に対するワクチン接種の普及や長期化する新型コロナウイルス禍でのライフスタイルへの適応により経済活動に緩やかな改善の兆しが見られましたが、ウクライナ・ロシア情勢の影響から世界的な原材料及びエネルギー価格の上昇、急激な円安の進行などにより我が国においてもインフレ圧力が強まるなど、景気先行き感は不透明な状況となっております。

 当連結会計年度における我が国経済は、新型コロナウイルス感染症拡大に対するワクチン接種の普及や長期化する新型コロナウイルス禍でのライフスタイルへの適応により経済活動に緩やかな改善の兆しが見られましたが、ウクライナ・ロシア情勢の影響から世界的な原材料及びエネルギー価格の上昇、急激な円安の進行などにより我が国においてもインフレ圧力が強まるなど、景気先行き感は不透明な状況となっております。

 このような状況の中、当社グループは、新型コロナウイルス禍での影響により今後も収益力の回復が難しいと判断したカラオケ店舗の閉店を積極的に推進して将来の収益改善に図るとともに、本社・本部コストのスリム化と事業運営コストの見直しを図り、損益分岐点売上高の低減に取組んでおります。

 

 また、新型コロナウイルス禍での影響が軽微で堅調な業績が見込める美容事業に投資し、同事業の拡大を図っております。

 当連結会計年度においては、緊急事態宣言等に伴う営業自粛による都道府県からの協力金並びに従業員の雇用維持を図るべく雇用調整助成金を申請・受領し、特別利益として計上しております。なお、当連結会計年度より連結納税制度を適用しております。

 これらの結果、当連結会計年度の業績は、売上高5,878百万円(前年同期比12.2%増)、営業損失261百万円(前年同期営業損失144百万円)、経常損失218百万円(前年同期経常損失187百万円)、親会社株主に帰属する当期純利益32百万円(前年同期親会社株主に帰属する当期純損失281百万円)となりました。

セグメント別の状況

セグメントの業績は次のとおりです。

カラオケルーム運営事業

 当連結会計年度におけるカラオケルーム運営事業の売上高は3,789百万円(前年同期比7.9%減)、セグメント利益は58百万円(前年同期比84.4%減)となりました。

 新型コロナ感染拡大による個人・企業の利用控えの影響により通期を通して厳しい事業運営となりました。当社グループが当該事業を展開する首都圏においては、年末最繁忙時期まで一時的に緩やかな需要回復傾向となりましたが、年明け早々のオミクロン株による第6波(2022年1月から)の影響により歓送迎会シーズンの需要並びに第7波(2022年7月から)の影響により夏季シーズンの需要の大幅な低迷となりました。

 子会社である株式会社直久が運営するラーメン「直久」におきましては、酒類提供の制限や主力店舗がビジネス街であることからテレワーク普及の影響もあり、厳しい事業運営となりましたが、売上を補完する取り組みとして新たにテイクアウト&デリバリーメニューを導入いたしました。

 比較可能な既存店※は46店舗で売上高は前年同期比96.8%となりました。

飲食事業

 当連結会計年度における飲食事業の売上高は709百万円(前年同期比0.7%減)、セグメント利益は14百万円(前年同期セグメント損失32百万円)となりました。

 飲食事業は子会社である株式会社直久が運営する「直久」をブランドとしたラーメン店舗(直営5店舗、FC11店舗、業務受託2店舗)を主力とするほか、「赤から」、「京都勝牛」を運営しております。

 比較可能な直営・既存店※は8店舗3事業所で売上高は前年同期比112.6%となりました。

 主力の「直久」においては、2022年3月のまん延防止措置解除後、売上が徐々に回復基調となっておりますが、原材料・電気・ガスの価格上昇の影響により、引続き厳しい経営環境となっております。そうした中で、店頭販売で大好評だった「極・胡麻冷し中華」の通販限定販売やデリバリー事業の展開等による売上増強に努めるとともに、事業運営コストの見直しを図り収益性の向上に努めてまいりました。

美容事業

 当連結会計年度における美容事業の売上高は1,216百万円(前年同期比431.9%増)、セグメント利益は190百万円(前年同期比1,137.2%増)となりました。

 美容事業は、中京エリアを商圏とする既存の株式会社Rich to(11店舗)に昨年12月から首都圏エリアを商圏とするビアンカグループ(32店舗)が加わり、事業規模を拡大いたしました。Rich toにおいては、収益改善を目的として7月より運営体制を見直した人員配置を実施し、ビアンカグループにおいては、継承した組織の運営強化に取組み、新たな柱となる収益事業として運営を行いました。

 当事業は積極的な事業拡大を図っており、ビアンカグループ各社において大宮2号店、銀座並木通り店、名駅店(愛知県名古屋市)、ルシア恵比寿店、シュポラ渋谷道玄坂店の5店舗をオープンいたしました。今後も積極的な出店を進めてまいります。

 比較可能な既存店※(株式会社Rich to)は10店舗で売上高は前年同期比94.8%となりました。

 当事業は、新型コロナウイルス禍での事業への影響が軽微であり、また、設備投資額が他の事業(カラオケ、飲食)に比べ希少であることから積極的な出店が可能であると判断しており、「Rich to」と「Bianca」双方のスタッフの意見交換や技術研修を通してお客様サービス向上を図ってまいります。また、当事業は、パーソナルな対面型ビジネスであるため、徹底した感染防止対策を施した上でサービスを行ってまいります。

メディア・コンテンツ企画

 当連結会計年度におけるメディア・コンテンツ企画の売上高は87百万円(前年同期比19.7%減)、セグメント利益は71百万円(前年同期比17.9%減)となりました。

 「カラオケの鉄人モバイル」サイトを中心に運営を行っておりますが、スマートフォンでの利用者の減少傾向により減収・減益となっております。

その他

 当連結会計年度におけるその他の売上高は74百万円(前年同期比0.1%減)、セグメント損失は39百万円(前年同期セグメント損失61百万円)となりました。

 2022年3月より新事業の試みとしてゲームコミュニケーション事業(通称e-sports事業)を開始いたしました。「TZGame Labs」の名称でゲームイベントの企画・運営等を実施いたしました。また、当社独自に女子プロゲームチームを編成し、大会参加等の活動を開始いたしました。

※ 比較可能な既存店とは、営業開始後12ヶ月を経過して営業を営んでいる店舗で前年対比が可能なものをいいます。

※2022年8月31日現在

ブランドサイト